読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知命立命 心地よい風景

This is Kiyonori Shutou's weblog

上巳の節句!今日は楽しいひな祭り♪

今日(3月3日)は、上巳の節句です。
上巳の節句!今日は楽しいひな祭り♪
節句は年中行事を行う季節の節目となる日で、そのうち五節句として年間にわたり5つの節句が存在していますが、中でも3月3日は上巳の節句として桃の節句・雛祭と呼ばれています。

漢名 日付 和名 節句料理
人日(じんじつ) 1月7日 七草節句 七草粥
上巳(じょうし) 3月3日 桃の節句・雛祭 菱餅白酒など。
端午(たんご) 5月5日 菖蒲の節句 菖蒲湯や菖蒲酒。関東では柏餅、関西ではちまき。
七夕(しちせき) 7月7日 七夕(たなばた) 裁縫の上達を願い素麺が食される。
重陽(ちょうよう) 9月9日 菊の節句 菊を浮かべた酒など

もともと「上巳」とは陰暦3月の最初の巳の日の事を指し、日本では古来から、巳の日の祓いとして草や紙で「ひとがた」という人の形を作って災いを払うために川や海に流していました。
現代のひな祭りはそもそも、平安時代宮中で「ひいな遊び」というお人形遊びが盛んになり、このけがれを祓う上巳の節句としての「ひとがた」と「ひいな遊び」が自然に結びついて発展したものと考えられています。
3月3日のひな祭りは、寛永六年(1629)京都の御所で盛大なひな祭りがおこなわれたのをきっかけに、幕府や大奥でひな祭りをおこなうようになり、やがて武士階級から町人へ、江戸から地方へと広まっていきました。
そこから、女の子の誕生を祝って初節句にひな人形を飾る風習が生まれ、豪華なものも作られるようになっていきましたが、明治時代に旧来の節句行事を廃止されています。
しかし、女の子が健やかに可愛らしく育つように、病気や事故なく幸福な人生を過ごせるように、との願いが込められたひな祭りの行事は、21世紀の現代でも脈々と受け継がれてきました。

こうした伝統行事は、どんなに時代が移り変わっても大切にしていきたいものですね。

4418122486441810812240227359374876152195

IFTTT

Put the internet to work for you.

Turn off or edit this Recipe