知命立命 心地よい風景

This is Kiyonori Shutou's weblog

2016-04-09から1日間の記事一覧

【平家物語】 巻第三 七(三九)少将都還

同・治承三年一月下旬、丹波少将成経殿と平判官康頼入道の二人は肥前国鹿瀬庄を発って都へと急がれたが、余寒がまだ厳しく、海上もひどく荒れていたので、浦伝い島伝いにたどり、二月十日頃に備前国児島に到着した そこから父・成親殿が住まわれていたところ…