知命立命 心地よい風景

This is Kiyonori Shutou's weblog

2016-04-04から1日間の記事一覧

【平家物語】 巻第三 二(三四)足摺

使者は丹左衛門尉基康という者であった 急いで舟から上がり ここに都から流された丹波少将成経、平判官入道康頼殿はおられないか とあちこち声をかけて尋ねた 二人は例の熊野詣をしていて、いなかった 法勝寺執行・俊寛僧都が一人いたが、これを聞き 思いが…