読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知命立命 心地よい風景

This is Kiyonori Shutou's weblog

3月5日の天空には、地球に大接近する小惑星が見える(かも)!

もうすぐ地球に大接近する小惑星
なんと、わずか1万7000キロ上空を通過する!?

2016年3月5日に小惑星2013 TX68が地球に大接近します、NASAアメリカ航空宇宙局)が発表しました。
最接近時には、静止軌道衛星高度(3万5786キロ)の約半分、1万7000キロ付近まで近づく可能性があるそうです。
もしかしたら地上から望遠鏡で見えるかもというくらいの距離なんですね。

実はこの小惑星、2年前にも地球付近を飛んでいました。
しかし当時は地球から200万キロのあたりであまり大きな話題にもならなかったのですが、今回は

2013年に観測されたロシアの隕石も、その大きな爆発力で話題になりましたが、あの大きさは直径20メートル。
今回地球に大接近する小惑星の大きさは直径30メートル程度なので、約1.5倍ほどの大きさです。
小惑星2013 TX68がもしも空中で爆発するようなことがあれば、ロシアの隕石の2倍程度のエネルギーを発すると考えられていますので、ちょっとドキドキものですね。

現時点でのNASAの報道では、衝突の可能性はほとんどないそうでひとまず安心。
巨大な彗星や小惑星が地球に衝突し、人類が存亡の危機に立たされるという映画で有名なものでは「地球最後の日」「アルマゲドン」「ディープインパクト」「メテオ」などがありますが、こればかりは映画の中だけにしてもらいたいものです。

B002DY8B66B0009Q0JY2B00DACN64WB002EWR1B8B0035MUIACB00J39ZL4Y

IFTTT

Put the internet to work for you.

Turn off or edit this Recipe