読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知命立命 心地よい風景

This is Kiyonori Shutou's weblog

『三国志演義』第九十四回 諸葛亮雪に乗じて羌兵を破り、司馬懿日をサダめて孟達を擒とす

さて、郭淮は、西羌と組んで挟み撃ちにする計を進言した。西羌の王テツリキツはこれに同意してエツキツ元帥、ガタン丞相に15万与えて出陣させた。
諸葛亮は、馬岱を案内役に張苞、韓浩を出した。しかし、彼らは追い払う事が出来ずに退いて、丞相に計を求めた。
すると丞相は、
「間もなく雪になるに違いない。わしはこれを待っていたのじゃ。」
と言って、韓浩、張苞に伏兵を命じた。
姜維がエツキツ、ガタンの軍を誘い出し雪道を逃げると、追ってきた羌兵は雪の中の落とし穴にはまりこんだ。そこに韓浩、張苞が弓を射かけ、後ろから姜維馬岱張翼が斬り立った。
エツキツは韓浩にただ1合いで斬り落とされ、ガタンは捕らえられた。諸葛亮は捕らえた兵や武器を全てガタンに帰して解き放った。すると一同恩を感じて立ち去った。丞相はこの勝利を上奏して軍を退いた。

曹真は蜀が兵を退いたので、羌兵に破れたっと思って追い討ちをかけた。
しかし、魏延趙雲張苞、韓浩に待ちかまえられて大敗し、曹真、郭淮は血路を開いて逃れた。曹真は加勢を求める上奏文を出した。
上奏文を受け取った曹叡は、ショウヨウに
「以前の司馬懿の一件は彼を恐れる蜀の流言でございます。」
と言われ、以前の職に戻して彼を援軍に向かわせた。

諸葛亮は、魏に降った孟達が蜀の長安攻めに応じて謀反するという知らせを聞いていたく喜んだが、司馬懿には気を付けるように言いやった。

さて、司馬懿は魏主から出陣の命を受けたが、その時孟達の腹心リホとモウタツの甥陶謙から彼の謀反を聞き、徐晃を先鋒に鎮圧に向かった。
新城の孟達徐晃が謀反鎮圧に来たのを知って驚いて城壁から矢を射かけた。その矢が徐晃の額にあたり、彼はその夜死んだ。時に59歳。
孟達諸葛亮の忠告を思い出して長嘆し門を閉ざして立てこもった。翌日シンタン、シンギが魏の囲みを解いて駆けつけ、孟達は援軍が来たものと思って城を出たが、その時にリホ、陶謙に城を取られ、シンタンの槍に突き落とされ、首をかき斬られた。
司馬懿がこの事を魏主に上奏すると、魏主はいたく喜んだ。

さて、司馬懿は兵を率いて長安に至り魏主に謁見した。そして、張郃を先鋒に賜って出兵した。

4004303486B00OKC2DCCB00PS2FMO4B00R3MUW60B00S5XTE8S449721009X

IFTTT

Put the internet to work for you.

Turn off or edit this Recipe