読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知命立命 心地よい風景

This is Kiyonori Shutou's weblog

如月に想う。シェリーの叙情詩「西風に寄せる歌」の一節”冬来りなば春遠からじ”を噛み締めて!

今は不幸な状況であっても、じっと耐え忍んでいれば、いずれ幸せが巡ってくるという喩えになっている、イギリスの詩人シェリーの叙情詩「西風に寄せる歌」の一節「冬来(きた)りなば春遠からじ。」(If winter comes, can spring be far behind?)

冬の次は、必ず春が巡ってくるのは自明ですよね。
それは、自然の運行には狂いがなく、その節理に則って冬極まって春を呼ぶからです。

これは、自らの日々の生き方にも当てはまりますよね。
逆境にあるときや辛いとき。
人は、そこから抜け出ようともがき苦しむのですが、やがて先の見えない状況に心を塞ぎ、自らの人生に諦めにも似た感情を抱いてしまうことがあります。
でも、冬はやがて明け、春がやってくるように、今の苦しみは永遠に続く訳ではないもの。
ガンバレ、などと安易な言葉をかけるつもりはありませんが、春待つ心を失わない限り、自らの心を折らない限り、自分の運命はやがて開けてくるもの。
自らがしっかりと前を向いて、ほんの一歩踏み出すだけで、希望に満ちた未来がすぐ傍に控えていることに気付けるはず。
朝の来ない夜はないように、明けない冬はないのだから。。。。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

シェリー「西風の賦 (西風に寄せる歌)」
西風に寄せる歌

       Ⅰ

おお、奔放な「西風」よ、「秋」を証しする息吹よ、
おまえ、その目に見えない存在から枯葉が
吹き立てられ、魔法使いから逃れる亡霊のように

黄に、黒に、白茶けた色に、熱病やみの赤に
染まって飛ぶさまは、疫病に取りつかれた群衆さながらだ。
おまえ、暗い冬の床へと翼ある種子を運び

そこに冷たく生気なく横たえる者よ、種たちは
そこで墓の中の屍体のように冬を越し、
やがておまえの水色の妹の「春風」がそのラッパを

まだ夢みる大地に吹き鳴らし
(かわいい蕾を羊の群れのようにせかせて空気を食べさせ)
野山を生きいきとした色と香りで満たすのだ。

どこにでも翔けて行く奔放な「霊」よ、
破壊者にして保存者よ、聞け、おお、聞け。

       Ⅱ

おまえ、その流れに乗って、けわしい空の騒乱のさなか、
大空と大洋の縺れ合った大技から吹き千切られ
大地の枯葉のように飛んで行くのは

雨と稲妻の天使たちだ。おまえが煽り立てる
空気の大波の青い表面には、あたかも狂乱の
バッカス
酒神の巫女たちの頭から逆立つきらきらした

髪の毛のように、濛々と煙る水平線の涯(はて)から
天頂の高みに至るまで、近づく嵐の前髪が
散り広がっている。おまえ、死に行く年の挽歌よ、

それに対しこのせまりくる夜が巨大な墳墓の
円天井となり、それをおまえは集めた雲の
総力をあげてせり挙げているが、やがてこの

凝縮した水蒸気のかたまりから黒い雨と、火と
雹とがほとばしり出るであろう、おお聞け!

       Ⅲ

おまえ、青い地中海をその夏の夢から
目覚めさせた者よ。おまえはかつてその海の
水晶のように澄んだ渦潮にあやされて、

バイイ湾の軽石の島のかたわらで眠りこけ
水中のより明るい日の光で宮殿や古塔が
揺らめくさまを夢に見ていたのだ。それらは

一面群青色の苔や花ばなに掩われていて、
その美しさは心に描くだけでも気が遠くなるほど!
いまそのおまえが大西洋を渡ってくるというので

大海原が二つに裂けておまえの道筋を作り
はるか下方の海底では海の花ばなや
汁気のない海藻たちがおまえの声を聞くや

たちまち震えおののいて全身蒼白となり
武器を捨ててひれ伏すのだ、おお、聞け!

       Ⅳ

もし私がおまえに運ばれる枯葉であったならば
もしおまえとともに天翔(あまか)ける雲であったならば
あるいはもし、おまえほどに自由でなくても

おまえの力の下に喘ぐ波として、その衝動を
ともにし得たならば、おお、不覇なるものよ!
せめて子どもの頃のように、空行くおまえの

友となり、天翔(あまか)けるおまえの速さの上を行くことも
夢ではないと思えた時期の私であったならば
今このように切実な思いに駆られて

こうした祈りをおまえに投げかけなかったであろう。
おお私を波や葉や雲のように持ち上げてくれ!
私は人生の茨の上に倒れる! 血が流れる!

時間の重圧が鎖につなぎ、ひれ伏させる―
おまえに似て飼いならされず、機敏で、誇り高き者を。

          Ⅴ

森が風に鳴るように私をおまえの竪琴にしてくれ。
私の葉が森のように散り落ちてもかまわない。
おまえの力強い風のどよめきは森と私の両方に

悲しくも美しい秋の深い調べを奏(かな)でさせる。
おまえ激しき魂よ、私の魂になれ!
おまえは私になれ、激烈極まるものよ!

私の死んだ思想を枯葉のように舞い上げ
宇宙に追い立てて新たな生命を芽生えさせよ。
そして、この詩の魔術的な力によって

まだ消えつきぬ炉から灰と火の粉を撒くように
私の言葉を人類の間に振り撒いてくれ!
私の唇を通じてまだ目覚めぬ大地に

予言のラッパを吹き鳴らしてくれ!おお西風よ、
冬来(きた)りなば春遠からじ。

Shelley 「Ode to the west wind」

       Ⅰ

O WILD WEST WIND, thou breath of Autumn’s being,
Thou, from whose unseen presence the leaves dead
Are driven, like ghosts from an enchanter fleeing,

Yellow, and black, and pale, and hectic red,
Pestilence-stricken multitudes : O thou,
Who chariotest to thier dark wintry bed

The wingèd seeds, where they lie cold and low,
Each like a corpse within its grave, until
Thine azure sister of the Spring shall blow

Her clarion o’er the dreaming earth, and fill
(Driving sweet buds like flocks to feed in air)
With living hues and odours plain and hill :

Wild Spirit, which art moving everywhere ;
Destroyer and preserver ; hear, oh, hear !

       Ⅱ

Thou on whose stream, mid the steep sky’s commotion,
Loose clouds like earth’s decaying leaves are shed,
Shook from the tangled boughs of Heaven and Ocean,
Angels of rain and lightning : there are spread
On the blue surface of thine aëry surge,
Like the bright hair uplifed from the head
Of some fierce Maenad, even from the dim verge
Of the horizon to the zenith’s height,
The locks of the approaching storm. Thou dirge

Of the dying year, to which this closing night
Will be the dome of a vast sepulchre,
Vaulted with all thy congregated might

Of vapours, from whose solid atmosphere
Black rain, and fire, and hail will burst : oh, hear !

       Ⅲ

Thou who didst waken from his summer dreams
The blue Mediterranean, where he lay,
Lulled by the coil of his crystàlline streams,

Beside a pumice isle in Baiae’s bay,
And saw in sleep old palaces and towers
Quivering within the wave’s intenser day,

All overgrown with azure moss and flowers
So sweet, the sense faints picturing them ! Thou
For whose path the Atlantic’s level powers

Cleave themselves into chasms, while far below
The sea-blooms and the oozy woods which wear
The sapless foliage of the ocean, know

Thy voice, and suddenly grow gray with fear,
And tremble and despoil themselves : oh, hear !

      Ⅳ

If I were a dead leaf thou mightest bear ;
If I were a swift cloud to fly with thee ;
A wave to pant beneath thy power, and share

The impulse of thy strength, only less free
Than thou, O uncontrollable ! lf even
I were as in my boyhood, and could be

The comrade of thy wanderings over Heaven,
As then, when to outstrip thy skiey speed
Scarce seemed a vision ; I would ne’er have striven

As thus with thee in prayer in my sore need.
Oh, lift me as a wave, a leaf, a cloud !
I fall upon the thorns of life ! I bleed !

A heavy weight of hours has chained and bowed
One too like thee : tameless, and swift, and proud.

       Ⅴ

Make me thy lyre even as the forest is :
What if my leaves are falling like its own !
The tumult of thy mighty harmonies

Will take from both a deep, autumnal tone,
Sweet though in sadness. Be thou, Spirit fierce,
My spirit ! Be thou me, impetuous one !

Drive my dead thoughts over the universe
Like withered leaves to quicken a new birth !
And, by the incantation of this verse,

Scatter, as from an unextinguished hearth
Ashes and sparks, my words among mankind !
Be through my lips to unawakened earth

The trumpet of a prophecy ! O, Wind,
If Winter comes, can Spring be far behind ?

IFTTT

Put the internet to work for you.

Turn off or edit this Recipe