読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知命立命 心地よい風景

This is Kiyonori Shutou's weblog

『70’s radio』 Barry Manilow

バリー・マニロウBarry Manilow)は、ニューヨーク市ブルックリン出身の歌手、作曲家、プロデューサー。
ジュリアード音楽学校で学び、TV番組の音楽ディレクターを経て、70年代前半、ニューヨークのクラブで音楽活動を行ない、一時ジャンヌ&バリーのデュオでも活動。
ベット・ミドラーの作品プロデュースやCM音楽の制作活動後、75年ソロ・レコード・デビュー。
ドラマティックなサウンド構成、ポップでソフトな歌声のバラードが魅力。代表曲「哀しみのマンディ」「歌の贈りもの」(この2曲は全米No.1)「コパカバーナ」。

アルバム「Barry Manilow II」(1974年 全米9位)
B00160ANIC
シングル「Mandy / Something’s Comin’ Up」(全米1位、全英11位)

シングル「It’s a Miracle / One Of These Days」(全米12位)

シングル「Could It Be Magic / I Am Your Child」(全米6位、全英25位)

アルバム「Tryin’ to Get the Feeling」(1975年 全米5位)
B000F2CC2C
シングル「I Write the Songs / A Nice Boy Like Me」(全米1位)

シングル「Tryin’ to Get the Feeling Again / Beautiful Music」(全米10位)

アルバム「This One’s for You」(1976年 全米6位)
B00160ANIW
シングル「Weekend in New England / Say the Words」(全米10位)

シングル「Looks Like We Made It / New York City Rhythm」(全米1位)

アルバム「Even Now」(1978年 全米3位、全英12位)
B000F2CC2M
シングル「Can’t Smile Without You / Sunrise」(全米3位、全英43位)

シングル「Copacabana」(全米8位、全英42位)

シングル「Ready To Take A Chance Again / Sweet Life」(全米11位、全英42位)

シングル「Somewhere in the Night / Leavin’ in the Morning」(全米9位)

アルバム「One Voice」(1979年 全米9位、全英18位)
B00160ANJ6
シングル「Ships / They Gave In To The Blues」(全米9位)

シングル「When I Wanted You / Bobbie Lee (What’s the Difference, I Gotta Live)」(全米20位)

アルバム「Barry」(1980年 全米15位、全英5位)
B00H9GJP6S
シングル「I Made It Through the Rain / Only in Chicago」(全米10位、全英37位)

アルバム「If I Should Love Again」(1981年 全米14位、全英5位)
B00160ANJG
シングル「The Old Songs / Don’t Fall in Love With Me」(全米15位、全英48位)

シングル「Somewhere Down the Road / Let’s Take All Night (To Say Goodbye)」(全米21位)

シングル「Let’s Hang On! / No Other Love」(全米32位、全英12位)

アルバム「Here Comes the Night」(1982年 全米32位、全英7位)
B0000071VI
シングル「I Wanna Do It With You / Heaven」(全英8位)

アルバム「2:00 AM Paradise Cafe」(1984年 全米28位、全英28位)
B0012GMWPM
シングル「Read ‘Em and Weep / One Voice」(全米18位、全英17位)

B0176TC1SGB001ILDEJ4B00JWG8EH4B00MIA0MHQB00005USBHB003ZX23N6

IFTTT

Put the internet to work for you.

Turn off or edit this Recipe