読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知命立命 心地よい風景

This is Kiyonori Shutou's weblog

『三国志演義』第三十一回 曹操倉亭に本初を破り、玄徳荊州に劉表を依る

大敗した袁紹だが、健在であることを皆が知ると再び人が集まり出した。
しかし、獄に入れられていた田豊は忠告を聞かずに大敗したと笑ったので獄中で斬られた。
袁紹は、後継者を誰にするか迷っているところに曹操が攻め込んで来たので倉亭に進出した。三男の袁紹は父親の前で手並みを見せようと出陣した。そして、徐晃の配下子桓を討ち取った。しかし、程昱の「十方埋伏」の計に破れて退却した。袁紹軍は大敗し、しばらく三男の袁紹と審配、逢紀に軍権を与えて養生につとめた。

一方、曹操は審配を警戒して袁紹の追撃をしなかった。そこに汝南の劉備が許都に向かっているという情報が入ったので迎え撃ちに行った。

劉備は、関羽張飛趙雲と兵を率いてきたが、曹操軍に包囲され大敗した。逃げる劉備に追手の香蘭が迫った。そこに劉辟が立ちはだかるが香蘭に三合いせずに斬られてしまう。そこに趙雲が現れ、香蘭を斬り劉備を助けた。孫権劉表を頼ることを進言し、一同は荊州に向かった。快く思わない蔡瑁は反対を唱えるが、劉表は歓迎しこれを退けた。

曹操は、荊州に向かおうとするが程昱に諌められ、再び官渡に兵を進めた。
袁紹が出陣しようとすると、三男の袁紹が代わりに出る事を申し出たので、袁紹はこれを許した。

4004303486B00OKC2DCCB00PS2FMO4B00R3MUW60B00S5XTE8S449721009X

IFTTT

Put the internet to work for you.

Turn off or edit this Recipe